2014年07月06日

赤青ログ・ホライズンデッキver.2(ネオスタン)

続いて赤主体のタイプです。
レベル1は相打ちの利かないルンデルハウスなど優秀なキャラが多く、選択に悩みましたが、このような形で落ち着きました。
青主体がパワータイプなら、こちらはテクニックタイプと言えます。

それでは、デッキレシピです。

レベル0
暗殺者 アカツキ 4
渚の天使 マリエール 4
ルディの飼い主? 五十鈴 1

全力管制戦闘 シロエ 2
みんなの班長 にゃん太 4


レベル1
オシャレは苦手? アカツキ 2
照れるアカツキ 3
五十鈴 3
クレセントムーン店長 マリエール 2


レベル2
乙女心 アカツキ 3
寡黙な仕事人 アカツキ 1
三日月同盟代表 ヘンリエッタ 1
着せ替えアカツキちゃん 2

にゃん太 1
濡羽 2


レベル3
主君の忍 アカツキ 4
記録の地平線代表 シロエ 2
付与術師 シロエ 1


クライマックス
ふたりでワルツを 4
略式・全力管制戦闘 4

LV0 15
LV1 10
LV2 10
LV3 7
CX 8
合計 50

前回と違い、コストは貯まり易くなっています。
その分、全体的なサイズは低下しましたが、貯めたコストを利用して有利な場を形成して行けます。
クライマックスは「記録の地平線」から「略式・全力管制戦闘」へ変更。トリガーで手札を増やして行きます。
チェンジしたアカツキが打ち取られた場合が課題でしたが、PRの「濡羽」を投入し、相手ターン中ならばアンコールで残すことも可能になりました。
また、「主君の忍 アカツキ」のCXシナジーは相手をリバースさせないと効果が発動しないことから、前列全てが自爆特攻されると使えない問題がありましたが、「にゃん太」で後ろから引きずり出せば倒しに行けます。
相手が空き枠を作れば、相手の場を崩しに行けるため、相手のプレイングも制限することが可能です。
レベル応援やアンコール付与など、軸になるキャラが後列には多いので、積極的に狙っていきたい所です。
同タイトル戦では、終盤にバーンメタの「記録の地平線代表 シロエ」を打ち取りに行くこともできますね。

自分は場の維持を、相手は場の崩壊を狙う。そんなコンセプトで動いてみてください。
そう考えると場を固めていくver.1のようなパワー型の天敵かもしれませんね(汗)

今回はこの辺で。それでは、また次回。
posted by 神島 流 at 12:03| Comment(0) | ヴァイス:デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。