2014年09月18日

黄青赤主人公デッキver.6(ネオスタン)

かつて作ったデッキの再構築も新弾での楽しみですね。
今回はヴァイス初期から存在しているタナトスラッシュ型です。
これまでも何回か構築してきましたが、今回はレベル3でもP3主人公が採用されています。
使いやすさで言えば、余計なギミックがないだけに今回の物が一番使いやすいのではないでしょうか。

それでは、デッキレシピです。

レベル0
ファルロス 2
“八高組”P4主人公 3

“月高組”美鶴 4
守本 叶鳴(『色欲の猛獣』クマ) 4
“八高組”直斗 2

仲間との約束 雪子 2

レベル1
主人公&オルフェウス 4
“切り札”となる力 悠 4
堂島 遼太郎 2

白鐘 直斗 4

レベル2
主人公&タナトス 4
ひどすぎる完二ちゃん 1

レベル3
“月高組”P3主人公 4
悠&イザナギ 2


クライマックス
最後の選択 4
謎に挑む者たち 4


LV0 17
LV1 14
LV2 5
LV3 6
CX 8
合計 50

「“八高組”P4主人公」を採用してみました。
CXシナジー発動時にデッキトップがコスト0のキャラならば舞台に登場させることができるというのはこのデッキでは非常に役立ちます。
置く枠に関しては自由と言う事もあり、「守本 叶鳴(あるいは『色欲の猛獣』クマ)」ならば後列に配置して疑似アンコール役の補充。
「“八高組”直斗」ならば前列に配置してデッキから「主人公&オルフェウス」などのキーパーツを手札へ呼び寄せる。
「主人公&オルフェウス」ならば手札アンコールもあるため、アタック後に場に残しやすくなり、次のターンでタナトスへと変えられます。
「“切り札”となる力 悠」ならばメインアタッカーを張れます。こちらは「”契約の鍵”主人公」でもよさそうですね。
あちらは「舞台に置かれた時」となっているため、デッキから登場しても強化能力は発動しますね。

タナトス降臨後は「白鐘 直斗」や「守本 叶鳴(あるいは『色欲の猛獣』クマ)」で守り、自ターンでは「堂島 遼太郎」で強化したり、タナトスのCXシナジーでバウンスして行くなど、この点はいつものパターンですね。
詰めに関してもソウル押しだけだったタナトスデッキに「“月高組”P3主人公」のCXシナジーでショット能力が加わったので、このデッキもかなり強化されたと言えます。
こちらも名称「主人公」と言う事もあり、堂島や直斗のシナジー対象になるのが良いところです。

今回はこの辺で。それでは、また次回。
posted by 神島 流 at 23:20| Comment(0) | ヴァイス:デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。