2012年03月31日

ヴァイス戦記最終章〜終焉のペルソナ〜

さて、ヴァイス戦記2年目……遂にこの日がやって参りました。

ヴァイス戦記最終章です。

今年度も1年間戦い続けてきて積み重ねた対戦数は200を越え、激戦に次ぐ激戦。そして事故に次ぐ事故(泣)
一時期調整機関で中断しましたが、この辺も次回の課題とした方が良いですね。
まあ、悲喜交々ではありましたが、無事に最後を迎えることができました。
今年度最後の大会はアニメも最後を迎え、エクストラも登場するペルソナ。
大会参加者は自分を入れて2人。
お陰で1戦しかできませんでした(汗)

エクストラ環境前最後の戦い。今年度のヴァイス戦記最終章に華を添えることができたのでしょうか?

それでは行きましょう!
ヴァイス戦記最終章!ペルソナッ!(カッ!)

続きを読む
posted by 神島 流 at 19:00| Comment(6) | ヴァイス戦記(2011年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

ヴァイス戦記第65章〜史上最悪の当たり運〜

先日、実家に戻るとカムバックキャンペーンのカードが届いておりました。
クラナドBセット15組。宇宙かけBセット3組。
やりすぎですね(笑)

と、言う訳でクラナドパーツを使って再び改良に取り組んでみました。
今回はそんなCLANNADの試運転として出場してみました……が、思いもよらない事態に遭遇。
この大会は試運転のデッキを使うべきではありませんでした……

(先に言っておきます。今回の大会は参考になりません)
ヴァイス戦記第65章!あんぱん!(違)

続きを読む
posted by 神島 流 at 12:00| Comment(0) | ヴァイス戦記(2011年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

ヴァイス戦記第64章〜辿り着いた地〜

3月もあと少し。
ヴァイス戦記2年目ももうすぐ終了です。
あと何回できるのでしょうか?
そして来年度もどんな戦いが待っているのでしょうか。
新しいタイトルなども楽しみです。

さあ、ヴァイス戦記と行きましょう。
今回はなかなか見ないタイトルで行ってみました。
CANAANです。
エクストラパックによる参戦だったため、既に絶版。
集めることが大変であるため、デッキを持っている人は限られています。
「姉妹弟子 カナン&アルファルド」と「カナンの名を持つ存在」はスタンでも使われるカードなので人気も高いため、カムバックで登場+再販にならないかと期待したんですが、残念ながら参戦せず。
今回はそんな希少タイトルで出場です。
ヴァイスシュヴァルツ史上、唯一のレベル置き場からのチェンジに加え、対戦相手の色によって発動する能力が変わるという超特殊ギミック。
パワーラインが上がった現在の環境でどこまでの戦いを見せることができるのか?

ヴァイス戦記第64章! スタート!

続きを読む
posted by 神島 流 at 23:37| Comment(0) | ヴァイス戦記(2011年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

ヴァイス戦記第63章〜今、全てを書き換える〜

考えてみれば、今期はまだRewriteで優勝してなかったんですよね……
勝ち越しまではできるのですが、あと少しが足りない。
その少しが何なのか。あと一歩を届かせたいですね。
そんな訳で今回もRewrite。
前回の戦いで問題となった部分から改良しました。
安定性を求めて2色に。
更にストックの慢性的な不足から、「“初めてのデート”ルチア」のCXシナジーを採用。
このシナジーは圧縮の意味もあるため、多少クライマックスの消費が早い時などは役立ちます。
対応CXのトリガーも手札を増やせますので発動の機会は多いです。その代り、クライマックスの処理がこれまで以上に重要になりました。
一方で、足りなかった序盤のサイズの補強でレベル0のアタッカーを追加し、一部の枚数を変更。
そんな訳で前回から大幅に中身が変わりましたが、安定性は上がったのではないかと思います。
この再構築がどんな結果をもたらすのか、更に自分のプレイングもどこまでやれるのか。
ヴァイス戦記も今回で遂に合計200戦に突入。その結果は!?

ヴァイス戦記第63章!静流&ルチア、再度出陣!

続きを読む
posted by 神島 流 at 00:48| Comment(4) | ヴァイス戦記(2011年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

ヴァイス戦記第62章〜Keep out!その前列、危険につき〜

最近、あまり使われなかったり評価が低かったりするタイトルを強化することが楽しみになっています(笑)
先日のKOFや禁書目録での戦いが一例です。
今回も何故かわかりませんが、あまり周囲で見ないタイトルを調整してみました。

Rewriteです。

強いはずなのですがいまいち評価が上がらないタイトルです(汗)
まあ、そういうデッキを強く見せるのが構築者の腕の見せ所!
あとはちゃんと使ってやれるかですね(笑)

Rewriteは小鳥、朱音、篝、ちはや、静ルチアと色々ありますが、今回はその中でも静ルチアを選択。
「ひまわり畑のルチア」によるパワー減少能力と各種「静流」「ルチア」による盤面制圧により、主導権を握ることができるため、制圧にはもってこい。
パワーが低ければ前に出れないというある種のロックもかかる上、「此花 ルチア」による詰めも行えるとあればこれは突き詰めれば行けるのではないかと思います。
WGP東京地区決勝大会以降、しばらくRewriteを使っていませんでしたが、各種デッキを引っ張り出し、統合して強化。
代償としてちはや、小鳥デッキが使用不能になりましたが(汗)

当時は最善と思っていたデッキも、今の構築で考えると全く違う形になりましたね。驚きです。
以前「ひまわり畑のルチア」の採用枚数に関してこのブログで論争になりましたが、あれはお互いの前提がそもそも違っていたために起きた様な物です。
最初から4積みする前提の構築にしているか否か。それによって構築も変わります。
友人の言葉ですが、「デッキ構築、理論で人間関係は悪化する
まずは否定ではなく、相手の構築・理論の本質を見て受け容れて行くことが大切ですね。
自分がこのブログでデッキ診断をあまりやりたがらないのもそういう理由です。

閑話休題。ヴァイス戦記に戻ります。
まずは試しに思いついた3色Rewrite。果たしたどんな戦いを見せたのか?
ヴァイス戦記第62章!バトルスタート!

続きを読む
posted by 神島 流 at 12:04| Comment(13) | ヴァイス戦記(2011年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。